九尾の狐  きゅうびのきつね
妖怪  中国、日本                      戻る

9本の尾を持った狐の妖怪。
妖狐(ようこ)の最終形態とも言われています。

古来中国では神聖な獣とされていたようですが、
時代とともにそのイメージは邪悪な方へ変化してきました。
人間の前に現れるときには、絶世の美女の姿をとるとも言われています。
歴史の中で、しばしば人間界に現れては、
その美貌で権力者を誘惑して国を滅茶苦茶にしたり、
滅ぼしたり、残虐の限りを尽くしたりといった話が多く残っています。

多くの物語、舞台劇、人形劇などにも九尾の狐は登場しています。
「封神演義」に登場する妲己(だっき)の正体も九尾の狐であると言われています。
日本では、白面金毛九尾の狐ともいわれる玉藻前(たまものまえ)の話が有名です。

このように九尾の狐は、昔から多くの物語の中で描かれてきましたが、
現代においても数多くの創作物の中に登場しています。
時代を超えて人々を魅了している妖怪といえるでしょう。
 

もどる


inserted by FC2 system